メッセージ


共存共栄で勝機を掴む!


2014919日、中国の電子商取引会社阿里巴巴集團(Alibaba Groupは、ニューヨーク証券取引所に上場し、時価総額2310億ドルの企業となりました。創業者は、中国江蘇省杭州市出身の馬雲氏。アメリカ検索サイト大手Yahoo!社の創業者で台湾台北市出身の楊致遠氏や在日韓国人2世で日本のソフトバンク社を創業した孫正義氏と深い親交があります。東アジアの国々(中国、台湾、韓国、日本)を代表する経営者である彼等の頭の中に、どんなビジネスモデルが描かれているのか大変興味深く感じています。

 

「世界の工場」として急激な経済発展を遂げた中国。日本の10倍以上の人口を有し、安い労働力を背景に加工貿易を行い、GDP(国民総生産)は2013年度日本を抜き世界第2位となりました。1992年の改革開放政策開始から現在も景気拡大が続き、中国各地で高速道路や鉄道、飛行場等の社会インフラ、農村のインフラ、公共住宅等の整備が急速に進展しています。中国の最大輸出国はアメリカ、最大輸入国は日本。日本から原材料と技術を輸入し、それを加工しGDP世界第1位の先進国アメリカへ売る。低い労務コストを活かしたビジネスモデルを考え出した中国人達。今後もアメリカ市場での事業拡大を目指し、ボリュームゾーンが求める低価格で高品質なリーズナブルな商品、更には自社技術の向上に伴い中流階級以上が好むハイエンド商品を続々と製造し続けます。

 

勤勉な気質を持つ日本人は、1945年の終戦後約70年間、中国の3倍の時間をかけてこつこつと創意工夫を凝らし、GDP世界第3位の経済大国に相応しい安全・安心・快適に関わる製品やサービスや社会インフラを整備してきました。それらは全て、今でも大半の中国人には驚きと羨望の対象となっています。しかしながら、中国江蘇省無錫市に会社設立(20123月)以来、毎月1週間ほど現地に滞在してみると、経済大国日本で中流階級の暮らしに馴染んだ身にとっては、日常生活で当たり前と思っていることが中国ではそうでないことに気付きます。例えば、家の中では、水道水はそのまま飲んでは腹を壊す、換気のために窓を開けるとかえって部屋の中が風塵で汚れる。また、外出時は、製造年月日や賞味期限が不明で極端に低価格な食品の販売、横断歩道は自動車優先、タクシー乗車中に道路を逆行してくる車に間一髪等信じられない出来事にいつも不安を感じています。日中間の一人当たりのGDPを比較すると、中国は日本の5分の1以下。日常生活の隅々に、経済大国の恩恵が浸透するのはまだ先の話のようです。

 

最近の日本経済は、1991年の安定経済成長終焉から「失われた20年」。中国とは逆に景気低迷を続けています。日本はかつて、高所得者と低所得者が少なく中流階級層が多いと言われていましたが、最近はワーキングプアーが増え、中流層の厚みがどんどん薄くなっています。一方、経済発展により所得格差が顕著になった中国。仮に人口の1割が高額所得者と想定すると、中国には日本の総人口に匹敵する高額所得の上流階級が存在します。上述の不安も、少なくとも家庭内の事は、ほとんどが「お金で解決」可能です。日常の風景の中で、ピカピカに磨いたベンツにたまに乗る日本人と泥塗れのベンツを足代わりに乗る中国人をよく見かけます。面子を尊ぶ中国人にとっては、まさにチャイナドリームを実現した証し。そして誰もが我先に一獲千金を夢見て、多数のベンチャー企業が続々と創業しています。そして、彼等が活用するのが阿里巴巴集團の企業間電子商取引サイト「淘宝網 (Taobao.com)」や電子マネーサービス「支付宝 (Alipay)」であり、既に世界各国、地域240か所で5400万超える登録ユーザがいます。

 

加工貿易の更なる拡大で高額所得者増大の可能性に溢れる中国。今、無視できないのは日本が有するハイテク技術です。日本人は、「失われた20年」からの脱却を目指し、中国人に勝る新たな技術を創出し彼等の事業拡大活動を上手に支援することに当面は最注力すべきと考えます。近い将来、中国人労働者の賃金向上に伴い、中国のボリュームソーン6億人が順次中流層になる時が到来します。また、労務コスト増大に伴う既存ビジネスモデルの破綻が避けられません。我々日本人は今、中流層社会の生活経験を活かし、付加価値の高い技術イノベーションに基づく新たなビジネスモデルの構築を準備し始めるタイミングです。

 

今、中国人の1割、日本の総人口とほぼ同数の人は超高級車を所有し、日本人のようにピカピカに洗車もせずに足代わりに乗っています。面子を尊ぶ中国人にとって、泥まみれのベンツこそがチャイナドリームを実現した証しなのです。彼等に続けと若者達が一獲千金の夢を追い、ベンチャー企業が日々誕生しています。もちろん、中国人経営者は、技術イノベーションによる高付加価値商品の創出が企業存続、成長の大きなポイントであることを知っています。しかし、多くの従業員を食わせるためには、追加投資不要なレガシー技術を用いた今日売れる商品で日銭を稼ぐ、目先の利益を優先しがちです。

 

日本人の先行技術開発と中国人の世界市場拡大、互いに得意とする領域での補完関係構築ができた時こそ、勝機は我等に有り!(三国志:趙雲)

                                            2014年9月22日

                                            德田 清


コメント募集


 上記記載内容に対するコメントも頂ければ、内容確認・承認後、本ウェッブサイトで公開させて頂きます。


コメント: 0


今こそ中国へ!


 2012年12月16日の第46回衆議院選圧勝により、3年3か月ぶりに民主党から自民党への政権交代が実現しました。前回の第45回衆院選(2009年8月30日)で政権交代を果たした民主党に対して、国民は今回と同様に経済再生、Lehman Shock(2008年9月15日)後のデフレーション経済からの脱却を期待しました。しかしながら、ギリシャや欧州の経済危機が発生し、円高による輸出企業の国際競争力の低下が顕著となり、国内企業のリストラによる人員整理と失業率の増加に大多数の国民は失望し、再度の政権交代を招きました。日本経済のデフレ脱却に向けて、安倍政権は金融緩和や財政運営を柱に、製造業の復活策、健康、エネルギー、インフラ関連等の市場拡大策を中心に据えた成長戦略を模索中です。

 製造業の復活のための妙案は何か。円安化を促す金融・財政政策は、確かに輸出企業の健全な為替損益を確保するためには有効です。しかし、EUの経済危機の再発可能性やアメリカの財政の壁を本当に打破できるでしょうか。世界経済状況には、日本の政策限界を超えるリスクが今なお潜んでいます。健康、エネルギー、インフラ関連市場には、企業活動を阻んでいる規制が存在し、その改革も重要な課題の一つではあるが、より大切なのは「世界中で通用する売れる商品を開発すること」、それが製造業復活に繋がると確信しています。

 コンシューマ市場では、ヒット商品を開発し規模のビジネスを追求することが競争戦略となります。ICT(information Communication Technology)領域では、最近の代表的なヒット商品は間違いなくiPhoneです。数あるスマートホンの中でも洗練されたデザインと豊富な便利で使い勝手の良いアプリケーションで他を圧倒する人気を保っています。累積販売台数は3億台、周辺製品・機器市場も日本だけでも1000億円弱と言われています。韓国製スマートホンのギャラクシーも累積販売台数が5千万台で検討していますが、日本製スマートホン見る影も有りません。

 世界で通用する日本の技術がICTだったはずです。日本のバブル経済崩壊(1990年10月1日)の時期は、アナログからデジタルへと技術のパラダイムシフトが加速した時期に重なります。そして、デジタル化により日本の独自技術の装置化が容易に可能になり、小型・低価格商品の開発による欧米の装置との差別化、更には技術優位性も明らかになり国際標準化も強力に推進してきました。一方で、国際標準化活動等を通して技術のオープン化が進み、世界中のどのメーカでも類似製品の開発が可能となり、ハードからソフトへのシフトも加速しました。更に、1995年にWindows95が発売され誰もがPCでインターネットを利用できるようになるにつれて、アメリカを中心にネットワーク関連企業が急成長しました。しかし、アメリカ国内のネットワーク関連企業への過剰投資が原因で、日本でもITバブル崩壊(2003年4月28日)が起きてしまいました。それから10年、Lehman Shockが追い打ちをかけ、資金不足に陥った日本企業の設備投資、研究開発投資意欲は今尚衰退し、魅力的なヒット商品を産み出すこともできない負のスパイラルに陥っています。

 果たして、ICT領域での日本の製造業の復活はあるのでしょうか。コンシューマ市場の特徴は、快適で便利な商品の創出が求められることです。コンシューマ市場で勝ち残るためには、マーケットイン・プロダクトアウトの遂行、すなわち高品質・低価格な製品をユーザニーズにマッチしたグローバルに通用するファッショナブルなデザインやサービスにより快適性や利便性に関る付加価値を高める工夫の追求ではないでしょうか。日本企業は、失われた20年間、少品種大量生産を重視し、高収益追求リスク回避型の経営を行ってきました。しかし、iPhoneのような大ヒット商品を創出できず、失敗に陥ってしまうケースがほとんどでした。ならば、多品種少量生産の道を歩むことは有り得るのか。少量生産により明らかに商品価格は上昇します。価格値上がりに伴う付加価値の増加が無ければ誰も買ってくれないことも明らかです。ユーザニーズにマッチしたグローバルデザインとサービスにより快適性や利便性の向上が今後のコンシューマビジネス成功の秘訣となることは間違いなさそうです。

 東日本大震災(2011年3月11日)とそれに伴う東京電力福島第一原子力発電所の放射能漏洩事故により、日本国民は公共システムの安全性に対して大きな疑念を持つようになりました。さらに、中央自動車道笹子トンネル崩落事故(2012年12月2日)により、公共施設の老朽化対策が緊急であることを知りました。施設の運用開始が30年前と言えば1980年代、40年前と言えば1970年代、インターネットもデジタルも無く、殆どがアナログ技術だった頃の熟練工の技に頼っていた時代の成果物が次から次へと使い物にならなくなっています。その対策として、今後の公共システムの構築には、最新のICTを活用したセンサーネットワークが有効であることは間違いありません。

 2010年時点の高速道路、高速鉄道、航空機等の公共インフラの整備・利用状況を中国、アメリカ、ドイツ、日本の4か国で比較すると、

アメリカ:モータリゼーション発祥の地。高速道路と空港を高水準に整備、車と航空機産業が巨大。

ドイツ:アウトバーン発祥の地。EUの中核。3つのインフラを高水準に整備。車と鉄道産業。

日本:アジアの先進国。ドイツに比べ低いインフラ整備。車と鉄道産業。

中国:2008年10月から2010年に4兆元(57兆円)の公共インフラ投資。今尚、低水準な公共インフラ整備率。

となっています。

 中国は、2011年にGDP世界第2位の経済大国となり、今後の更なる経済成長に伴い、ハイテク産業、公共インフラ整備関連で巨大な伸びしろが有ります。日本は、地震が無ければ、住み心地の良い安全・安心な国です。日本から中国への公共インフラ関連の技術移転を行うことが可能か、技術面に加え制度面においても可能性検討を行うことが必要です。今敢えて中国で活動する!

 

                                 2013年2月1日

                                   徳田 清仁


コメント募集


 上記記載内容に対するコメントも頂ければ、内容確認・承認後、本ウェッブサイトで公開させて頂きます。


コメント: 0